介護保険制度の仕組み・サービス内容・利用額から業者選びのポイントまでをわかりやすく解説していますので徹底活用しよう

Menu ▼
介護保険制度の概要
保険加入者と保険料の運営と負担割合
介護サービスの利用を受けるまでの流れ
要支援状態の人・要介護状態の人との違い
サービスを受ける手続きとサービスの種類
介護予防に取り組もう
質疑応答集
介護保険の用語解説
社会福祉協議会
介護保険制度の概要
保険加入者と保険料の運営と負担割合
介護サービスの利用を受けるまでの流れ
要支援状態の人・要介護状態の人との違い
サービスを受ける手続きとサービスの種類
介護予防に取り組もう
質疑応答集
介護保険の用語解説
社会福祉協議会

訪問調査の質問ポイント


訪問調査の結果は一時判定に

要介護認定にかかわる申請で行われた訪問調査の結果は、認定のための大事な判断材料となりますので、調査は慎重に行われます。
公平で客観的な調査を行うため、認定調査票は全国共通のものが使われます。



改正により、「予防給付」が創設されて、この認定調査票にも「追加項目分」が加えられて改訂されました。
この調査結果がコンピュータで集計処理されて、一時判定の資料になります。

一時判定は、このほかにも主治医の意見書が加えられます。「認定調査票」に基づく質問のポイントは、日常生活の動作がどの程度できるか(できないか)、記憶や理解があるか(ないか)などです。
麻痺の有無や寝返り、座位、歩行、立ち上がりなども一つひとつ確認されますので、質問には正直に答えましょう。



【おもな訪問調査のポイント】

◇ 寝返りに関する質問
横たわってまま、左右どちらかに向きをかえられるなら「つかまらないでできる」と答えてかまいません。また、何かにつかまれば向きを変えられるなら、その旨を調査員に伝えます。

◇ 起き上がりに関する質問
「起き上がり」とは、寝た状態から上半身を起こす動作をいいます。
他のものに頼らずにできるなら「つかまらないでできる」、ベッドの柵や手すりなどにつかまればできるのなら、その旨を調査員に伝えます。

◇ 歩行に関する質問
直立した状態から、5メートル以上歩けるかどうかです。実際に歩いてみてください、といわれる場合もありますが、多くの場合、「立った状態から5メートル以上歩けますか」と聞かれるだけですみます。
つかまらないで歩けるのか、歩けないのかなどを調査員に伝えます。

◇ 立ち上がりに関する質問
「立ち上がり」とは、いす、ベッド、車いすなどから立ち上がることです。
誰の助けも借りずにできるのか、何かにつかまればできるのか、できないのかを調査員に伝えましょう。



◇ 一般家庭用浴槽に関する質問
入浴がスムーズにできますか、と聞かれます。一人でできるのか、介助を必要とするのか、必要ならどの程度かが問われます。
この場合の浴槽は、家庭で普通に使われている浴槽(一般家庭用浴槽)や銭湯のことです。

◇ 洗身に関する質問
介助なしで洗身できるのか、介助を必要とするのか、必要ならどの程度かが問われます。洗身とは、洗い場や浴槽内で、スポンジや手ぬぐいに石けんやボディーシャンプーをつけて全身を洗うことです。

◇ 尿意・便意に関する質問
尿意・便意が自覚でき、それに備えた行動が起こせたり、介護する人に知らせることができれば「あり」、尿意・便意は自覚できるものの、1週間に何回かは実際の排尿や排便につながらないことがあるなら、「ときどきある」と答えます。
注意してほしいのは、質問の意図が失禁の有無ではないということです。

◇ 食事摂取に関する質問
現在、誰の助けも借りずに食事をしているか、それとも誰かの助けを借りているのかが問われます。「やればできる」というように、意思や能力が問われているのではないので注意してください。

◇ 視力に関する質問
調査員が新聞や雑誌を取り出し、「見える」か「見えない」かを聞きます。
調査員が知りたいのは、記事が読めるか読めないかではありません。

文字や写真が「見える」か「見えない」かです。身振り、手振りを交えながら、「見える」か「見えない」かを調査員に伝えましょう。

日ごろ、眼鏡やコンタクトレンズをつかっているのなら、調査時につかってかまいません。また、調査員がうさぎと人間の手を描いた絵(視力確認表)を取り出して質問を始めたときも同様に、絵が「見える」か「見えない」かを調査員に伝えます。

◇ 聴力に関する質問
視力の場合と同様で、調査員が聞きたいのは「聞こえるか」か「聞こえない」かです。

身振り、手振りを交えながら、「聞こえる」か「聞こえない」かを調査員に伝えましょう。日ごろ、補聴器を使っている場合には、調査時に使ってかまいません。

◇ 行動に関する質問
調査日以前1ヶ月間の申請者の行動が対象になります。この間に問題行動があったか、なかったのかが質問されます。

この項目に関しては、家族を含めた周囲の人たちの情報が必要になります。









おひとりさまの心構えと老後の対策
生活習慣病の予防と疲労ストレスの解消法
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
古歌による人生の羅針盤
男性心理と女性心理を知ってモテよう
結婚できる女性・できない女性の特徴
人相による結婚相手の選び方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
知って楽しいことばのルーツ

Copyright (C)2014. よくわかる介護保険の徹底活用 All rights reserved.