介護保険制度の仕組み・サービス内容・利用額から業者選びのポイントまでをわかりやすく解説していますので徹底活用しよう

Menu ▼
介護保険制度の概要
保険加入者と保険料の運営と負担割合
介護サービスの利用を受けるまでの流れ
要支援状態の人・要介護状態の人との違い
サービスを受ける手続きとサービスの種類
介護予防に取り組もう
質疑応答集
介護保険の用語解説
社会福祉協議会
介護保険制度の概要
保険加入者と保険料の運営と負担割合
介護サービスの利用を受けるまでの流れ
要支援状態の人・要介護状態の人との違い
サービスを受ける手続きとサービスの種類
介護予防に取り組もう
質疑応答集
介護保険の用語解説
社会福祉協議会

自立と認定された不服な場合


◇ 軽いと感じたときには申し立てられる

認定結果が「非該当(自立)と判定された通知が送られてきた場合は、介護保険適用のサービスを受けれません。



思ったより要介護度が軽いと感じ、市町村からの欽定に納得のいかないときや認定そのものに不服があるときは、都道府県に設置されている「介護保険審査会」へま不服を申し立てることができます。

「介護保険審査会」へは、下記のような場合に審査請求できます。


◇ 「介護保険審査会」へ申し立てられること

★ 要介護認定や保険給付に関する事項

★ 保険料の徴収や滞納処分など、徴収金に関する事柄

認定結果などに不服のあった場合には、認定結果の通知があった日の翌日から60日以内に「苦情申立書」を「介護保険審査会」へ提出して、審査請求ができます。


※介護保険審査会とは

要支援や要介護の度合いを判定された納得できない被保険者は、審査請求の申し立てができます。
この申し立ての審査・採決を処理するための機関が「介護保険審査会」で、都道府県に設置されています。
介護保険審査委員は、被保険者代表・市町村代表・公益代表の各々3人以上から構成され、任期は3年です。委員は都道府県知事が任命します。



◇ 認定の有効期間は12カ月

要介護認定には有効期間があります。
介護保険創設時には、有効期限は6カ月でした。
しかし、この期限が2004(平成16)年から原則12か月に拡大されました。
この12カ月の有効期限内に、認定の更新・変更・取り消しなどを行うことができます。
言いかえれば、通常のケースの場合には、最長12カ月ごとに認定された人の心身の状態の見直しが行われるということです。


◇ 心身の状態が悪化した場合は例外

有効期限内に、心身の状態が悪化した場合には、その時点で再度、認定の申請を行うことができます。
心身の様子を見ながら再度、認定申請をする場合には、前回の認定されたときから4カ月ぐらいを目安と考えて、申請しましょう。







おひとりさまの心構えと老後の対策
生活習慣病の予防と疲労ストレスの解消法
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
古歌による人生の羅針盤
男性心理と女性心理を知ってモテよう
結婚できる女性・できない女性の特徴
人相による結婚相手の選び方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
知って楽しいことばのルーツ

Copyright (C)2014. よくわかる介護保険の徹底活用 All rights reserved.