介護保険制度の仕組み・サービス内容・利用額から業者選びのポイントまでをわかりやすく解説していますので徹底活用しよう

Menu ▼
介護保険制度の概要
保険加入者と保険料の運営と負担割合
介護サービスの利用を受けるまでの流れ
要支援状態の人・要介護状態の人との違い
サービスを受ける手続きとサービスの種類
介護予防に取り組もう
質疑応答集
介護保険の用語解説
社会福祉協議会
介護保険制度の概要
保険加入者と保険料の運営と負担割合
介護サービスの利用を受けるまでの流れ
要支援状態の人・要介護状態の人との違い
サービスを受ける手続きとサービスの種類
介護予防に取り組もう
質疑応答集
介護保険の用語解説
社会福祉協議会

サービスを受けるための申請方法


医療保険と違って介護保険の場合には、サービスを受けたいと思った人が誰でも受けられるというものではありません。
その人がサービスの必要な状態であるかどうかについての判定(要介護認定)が必要になります。



そのためにはまず、市町村に申請して、要介護の認定をしてもらわなければなりません。

この「要介護認定」を受けるための申請を行なうには、サービスを受ける本人(介護保険の被保険者)か、その家族などが、市町村等の介護保険申請担当の窓口でその手続きを行ないます。

手数料は一切かかりませんので、まずは、市町村の窓口に行って相談しましょう。


■ 申請に必要なもの

@要介護・要支援認定申請書
  市町村の窓口にあります。

A介護保険被保険者証

B医療保険の被保険者証(第2号被保険者の場合)


■ 申請に代行・代理ができるもの

@成年後見人

A本人の家族

B民生委員

C地域法活支援センター

D指定居宅介護支援事業者

E地域密着型介護老人福祉施設、介護保険施設のうち厚生労働省令で定めるもの



※B民生委員とは何をする人

民生委員は、住民が福祉サービスなどを受けるときに援助してくれる人です。任期は3年で厚生労働大臣が移植します。

自治体の人口規模によって70〜440世帯を担当して、住民の生活状態の把握、相談・援助、福祉サービスに関する情報の提供、社会福祉事業を行なう団体や行政に対する協力・支援などを行ないます。


D指定居宅介護支援事業者とは

都道府県の指定を受け、介護支援専門家がいる機関です。

要介護指定の申請の代行や、ケアプランの作成を依頼するときの窓口となり、サービス事業者との連絡・調整などを行なっています。
介護予防ケアプランについては地域包括支援センターが作成します。







おひとりさまの心構えと老後の対策
生活習慣病の予防と疲労ストレスの解消法
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
古歌による人生の羅針盤
男性心理と女性心理を知ってモテよう
結婚できる女性・できない女性の特徴
人相による結婚相手の選び方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
知って楽しいことばのルーツ

Copyright (C)2014. よくわかる介護保険の徹底活用 All rights reserved.