介護保険制度の仕組み・サービス内容・利用額から業者選びのポイントまでをわかりやすく解説していますので徹底活用しよう

Menu ▼
介護保険制度の概要
保険加入者と保険料の運営と負担割合
介護サービスの利用を受けるまでの流れ
要支援状態の人・要介護状態の人との違い
サービスを受ける手続きとサービスの種類
介護予防に取り組もう
質疑応答集
介護保険の用語解説
社会福祉協議会
介護保険制度の概要
保険加入者と保険料の運営と負担割合
介護サービスの利用を受けるまでの流れ
要支援状態の人・要介護状態の人との違い
サービスを受ける手続きとサービスの種類
介護予防に取り組もう
質疑応答集
介護保険の用語解説
社会福祉協議会

審 査 ・ 認 定


公平・公正な判定を行なうため、調査結果を全国共通の一次判定ソフトでコンピューター処理した後、各市町村に設置された保健・医療・福祉の専門家で構成する介護認定審査会において、特記事項や主治医意見書とあわせて総合的に審査し、要介護度が判定(二次判定)されます。



認定までのフロー図

基本調査の結果(一次判定)

訪問調査の結果がコンピューターで処理されます。
特記事項

基本調査には盛り込めない事項などで調査員が特に重要と感じた天が記載されています。
主治医意見書

市町村の依頼で、意志が介護の視点から、傷病、医療、心身の状態等に関する意見書を記入します。

二次判定

一次判定、特記事項、主治医意見書をもとに介護認定審査会で要介護度を審査・判定します。
認 定

介護認定審査会の判定にもとづき、市町村が要介護度を認定して、本人に通知します。


※介護認定審査会とは

被保険者が要支援・要介護の状態であるかなど、市町村が要介護認定の審査・判定を公正で客観的に行うために設置される機関を「介護認定審査会」といいます。

介護認定審査委員は、市町村が認定する保健、医療、福祉の学識経験者5人程度から構成され、介護の必要性について、総合的な審査を行ないます。






おひとりさまの心構えと老後の対策
生活習慣病の予防と疲労ストレスの解消法
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
古歌による人生の羅針盤
男性心理と女性心理を知ってモテよう
結婚できる女性・できない女性の特徴
人相による結婚相手の選び方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
知って楽しいことばのルーツ

Copyright (C)2014. よくわかる介護保険の徹底活用 All rights reserved.