介護保険制度の仕組み・サービス内容・利用額から業者選びのポイントまでをわかりやすく解説していますので徹底活用しよう

Menu ▼
介護保険制度の概要
保険加入者と保険料の運営と負担割合
介護サービスの利用を受けるまでの流れ
要支援状態の人・要介護状態の人との違い
サービスを受ける手続きとサービスの種類
介護予防に取り組もう
質疑応答集
介護保険の用語解説
社会福祉協議会
介護保険制度の概要
保険加入者と保険料の運営と負担割合
介護サービスの利用を受けるまでの流れ
要支援状態の人・要介護状態の人との違い
サービスを受ける手続きとサービスの種類
介護予防に取り組もう
質疑応答集
介護保険の用語解説
社会福祉協議会


介護保険の加入者は誰なの?


市町村に住まわれている40歳以上の方が、介護保険の加入者(被保険者)となります。

年齢によって、加入のしかたは2種類 【第1号被保険者・第2号被保険者】 に分かれており、介護サービスを利用できる条件も異なっています。



◇ 第1号被保険者と第2号被保険者がある。

介護保険の「被保険者」は、その市町村に住んでいる人であることが条件となります。そして、年齢によって次の2通りに分けられます。

★ 65歳以上の人は、第1号被保険者

★ 40歳以上65歳未満で医療保険に加入している人(被扶養者を含む)は、第2号保険者


◇ 65歳以上の人は第1号被保険者

★ その市町村に住む住民で、65歳以上の人です。

★ 上記の人は、市町村ごとに決められた所得階層別の定額保険料を支払います。

★ 保険料の支払い方法は、年金額が一定額以上の人は年金からの天引き、それ以外の人は普通徴収です。

★ 寝たきりや認知症などで日常生活上つねに介護を必要とする状態や、身支度などの日常生活に支援が必要な状態になった場合には、介護保険の給付(サービス)を受けられます。

◇ 40〜64歳までの人は第2号被保険者

★ その市町村に住む住民で、40歳以上65歳未満の医療保険に加入している人。

★ 保険料は、医療保険料とあわせて徴収されます。(労使折半)

★ 医療保険の被扶養者は介護保険料を負担しません。

★ 初老期の認知症や脳血管疾患など、老化が原因で起きる病気「特定疾病」に伴って生じた状態で、介護や支援を必要とする場合には、介護保険の給付(サービス)を受けられます。







おひとりさまの心構えと老後の対策
生活習慣病の予防と疲労ストレスの解消法
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
古歌による人生の羅針盤
男性心理と女性心理を知ってモテよう
結婚できる女性・できない女性の特徴
人相による結婚相手の選び方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
知って楽しいことばのルーツ

Copyright (C)2014. よくわかる介護保険の徹底活用 All rights reserved.