介護保険制度の仕組み・サービス内容・利用額から業者選びのポイントまでをわかりやすく解説していますので徹底活用しよう

Menu ▼
介護保険制度の概要
保険加入者と保険料の運営と負担割合
介護サービスの利用を受けるまでの流れ
要支援状態の人・要介護状態の人との違い
サービスを受ける手続きとサービスの種類
介護予防に取り組もう
質疑応答集
介護保険の用語解説
社会福祉協議会
介護保険制度の概要
保険加入者と保険料の運営と負担割合
介護サービスの利用を受けるまでの流れ
要支援状態の人・要介護状態の人との違い
サービスを受ける手続きとサービスの種類
介護予防に取り組もう
質疑応答集
介護保険の用語解説
社会福祉協議会

ケアマネジャーの役割


◇ 介護保険で重要なケアマネジャーの役割

ケアプランを立ててくれるケアマネジャーは、介護保険制度の創設とともに新しい資格としてできた「介護支援専門員」のことで、介護保険制度の中で大変重要な役割を担っています。



ケアマネジャーは、要介護者などやその家族が生活するうえで何に困っているのか、困っている問題や状況を解決するためにはどのようにしたらよいのかなどを的確に把握して、心身の状況、取り巻く環境や社会の状況を理解し整理してプランをつくります。

それには、保健・医療・福祉の分野での専門的知識や経験に裏打ちされていなければなりません。

◇ ケアプランは「週間スケジュール」でつくられる

ケアプランは週間スケジュールで書かれています。それには、サービス利用者の24時間の行動予測や、介護者の行動予定などに合わせて、訪問介護や通所介護、入浴サービスなどを、どの曜日の何時から何時まで利用するかなどが記されます。


◇ 資格の更新制の導入や研修の義務化

2005(平成17)年の改正ではサービスの質の向上のために、ケアマネジメントの見直しが行われました。

その中で、ケアマネジャーの資格の更新制の導入や、研修の義務化などが取り入れられました。

これまで「居宅介護支援事業者」に痛くしてケアマネジャーが行った訪問調査も、要介護度が高くなる傾向がみられたために、新規の申請に関する認定調査は、市町村が行うように変わりました。

また、新しい知識や技術を取得して利用者のために最善のケアプランをつくる必要性から、研修の義務化と体系化が図られました。

有資格者に交付される「登録証」の5年ごとの更新時に、資格の更新制が導入されて、その際に「更新時研修」の受講が義務付けられます。









おひとりさまの心構えと老後の対策
生活習慣病の予防と疲労ストレスの解消法
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
古歌による人生の羅針盤
男性心理と女性心理を知ってモテよう
結婚できる女性・できない女性の特徴
人相による結婚相手の選び方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
知って楽しいことばのルーツ

Copyright (C)2014. よくわかる介護保険の徹底活用 All rights reserved.