介護保険制度の仕組み・サービス内容・利用額から業者選びのポイントまでをわかりやすく解説していますので徹底活用しよう

Menu ▼
介護保険制度の概要
保険加入者と保険料の運営と負担割合
介護サービスの利用を受けるまでの流れ
要支援状態の人・要介護状態の人との違い
サービスを受ける手続きとサービスの種類
介護予防に取り組もう
質疑応答集
介護保険の用語解説
社会福祉協議会
介護保険制度の概要
保険加入者と保険料の運営と負担割合
介護サービスの利用を受けるまでの流れ
要支援状態の人・要介護状態の人との違い
サービスを受ける手続きとサービスの種類
介護予防に取り組もう
質疑応答集
介護保険の用語解説
社会福祉協議会

第2号被保険者でサービスが受けられる人


◇ 年齢によって分かれている理由

介護保険制度は、加齢による病気などで介護が必要になったときに給付が受けられることを目的にしてできた制度です。



ですから、まず、65歳以上の高齢者は保険加入の対象になります。

しかし、お年寄りを社会全体で支えていくためには、協力しあわなければ財政的に制度が成り立たないという事情もあり、40歳以上65歳未満の人も加入対象になりました。

これらの年齢の人は、親を介護する世代であり、自分自身も生活習慣病などにかかりやすくなる年齢です。

介護が必要になるかもしれない状態になる可能性も高くなるなどの理由で加入対象とされました。

制度創設時には、20歳以上の成人から加入対象にするという案もありましたが、加齢に対して実感が伴わないため、協力が得られないだろうとの理由で、この案は見送られたようです。

2005(平成17)年改正の際にも、介護保険財政の安定化などの理由から、被保険者の年齢拡大が厚生労働省から出て、加入対象を20歳以上に拡大する案が検討されましたが、時期尚早ということで見送られました。


◇ 第2号被保険者の特定疾病とは

第2号被保険者で介護保険の給付が受けられるのは、「特定疾病」に伴って生じた状態で介護や支援を必要とする場合です。

具体的には、65歳以上のお年寄りに起きやすいが、40歳以上65歳未満にも起こるであろうと思われる、加齢と関係すると認められる病気にかかり、その病気が原因で、3〜6カ月以上継続して介護や支援を必要とする状態になる場合です。







おひとりさまの心構えと老後の対策
生活習慣病の予防と疲労ストレスの解消法
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
古歌による人生の羅針盤
男性心理と女性心理を知ってモテよう
結婚できる女性・できない女性の特徴
人相による結婚相手の選び方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
知って楽しいことばのルーツ

Copyright (C)2014. よくわかる介護保険の徹底活用 All rights reserved.