介護保険制度の仕組み・サービス内容・利用額から業者選びのポイントまでをわかりやすく解説していますので徹底活用しよう

Menu ▼
介護保険制度の概要
保険加入者と保険料の運営と負担割合
介護サービスの利用を受けるまでの流れ
要支援状態の人・要介護状態の人との違い
サービスを受ける手続きとサービスの種類
介護予防に取り組もう
質疑応答集
介護保険の用語解説
社会福祉協議会
介護保険制度の概要
保険加入者と保険料の運営と負担割合
介護サービスの利用を受けるまでの流れ
要支援状態の人・要介護状態の人との違い
サービスを受ける手続きとサービスの種類
介護予防に取り組もう
質疑応答集
介護保険の用語解説
社会福祉協議会

被保険者としての資格(取得・喪失・届出)


【資格を得られるとき・失うとき】

介護保険の「被保険者」資格を得るための条件は何か、そして資格を失うのはどのようなときでしょうか。また、どのような場合に届出が必要となるのでしょうか。



◇ 資格が得られるとき

★ 医療保険に加入している人が、住んでいる市町村で40歳になったとき(年齢到達)

★ 医療保険に加入している40歳以上65歳未満か、65歳以上の人が、その市町村の住民となったとき(住所移転)

★ 40歳以上65歳未満の人が、新たに医療保険に加入したとき

★ 医療保険に加入していない市町村の住民が65歳になったとき


◇ 資格を失うとき

★ 今まで住んでいた市町村の住民でなくなった日の翌日から。ただ
  し、その日に他の市町村の住民になった人はその日から。

★ 40歳以上65歳未満の人が、医療保険の加入をやめたとき。



【届出と被保険者証】

◇ 届け出なければならないとき

被保険者が資格を得たときや失ったときは、市町村に届け出なければなりません。しかし、同じ市町村に住んでいる人が65歳になって被保険者の資格を得たときには、市町村でそれを把握できるので、あえて届け出る必要はありません。

具体的に第1号被保険者で届出が必要なのは、次のような場合です。

★ 他の市町村から転入してきたとき

★ 他の市町村へ転出するとき。

なお、これらの届出は第1号被保険者に代わって、その世帯主などが代行してもよいことになっています。


◇ 被保険者証は送られてくる

要支援や要介護の認定を得て、介護保険で保険給付を受けるとき、すなわち介護サービスや介護予防サービスを受けるには、介護保険の被保険者証(介護保険証)が必要です。

第1号保険者の場合は、すべての人に市町村から被保険者証が発行され、郵送されてきます。

第2号被保険者の場合は、「要支援・要介護と認定された人」と「被保険者証の交付を申請した人」のみに、市町村から被保険者証が発行され、郵送されてきます。
なお、被保険者の資格を失った人は、すみやかに被保険者証を市町村に返さなくてはなりません。







おひとりさまの心構えと老後の対策
生活習慣病の予防と疲労ストレスの解消法
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
古歌による人生の羅針盤
男性心理と女性心理を知ってモテよう
結婚できる女性・できない女性の特徴
人相による結婚相手の選び方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
知って楽しいことばのルーツ

Copyright (C)2014. よくわかる介護保険の徹底活用 All rights reserved.