介護保険制度の仕組み・サービス内容・利用額から業者選びのポイントまでをわかりやすく解説していますので徹底活用しよう

Menu ▼
介護保険制度の概要
保険加入者と保険料の運営と負担割合
介護サービスの利用を受けるまでの流れ
要支援状態の人・要介護状態の人との違い
サービスを受ける手続きとサービスの種類
介護予防に取り組もう
質疑応答集
介護保険の用語解説
社会福祉協議会
介護保険制度の概要
保険加入者と保険料の運営と負担割合
介護サービスの利用を受けるまでの流れ
要支援状態の人・要介護状態の人との違い
サービスを受ける手続きとサービスの種類
介護予防に取り組もう
質疑応答集
介護保険の用語解説
社会福祉協議会

介護療養型医療施設


【家庭へ復帰できない人のために】

◇ 長期入院を可能にする療養病



病院では治療が終わって安定期に入ると、患者はすぐに退院を求められます。しかし、脳血管疾患で入院して治療を終えて安定期に入った患者の場合は、症状は安定していても、そのまま家庭に復帰するには不安があります。

こうした患者の受け皿となるのが、長期入院を可能にする介護療養型医療施設で、病院・診療所併設の、療養型病床を含みます。

◇ 介護機能に重点をおいた医療施設

この介護療養型医療施設は「介護機能」に重点をおく医療施設です。
慢性患者で長期の療養を必要とする高齢患者に対して、医学的な管理のもと、介護や日常的な世話、機能訓練を行うことが目的です。そのため、機能訓練室や談話室、浴室や食堂もあって病室面積は広いのですが、特別養護老人ホームや老人保健施設に比べると狭いです。



◇ 介護保険と医療保険適用の両方がある

介護療養型医療施設には内科系、精神科、リハビリなど、それぞれ得意な診療科目があり、自分の症状にあったもっとも適した施設を選びましょう。
選ぶ際は、診療科目に何があるのか、リハビリ室の状況と専門スタッフの有無や病室の広さ、おむつ交換の回数、費用などをチェックします。

介護療養型医療施設には介護保険適用と医療保険適用があり、前者は看護職員の配置が6対1で後者は5対1です。
医療保険適用の療養病床の場合、一定以上の収入がある人は、自己負担が1割ではすまないこともあります。

なお、介護かだの医療施設は2012(平成24)年にはすべて介護保険対象外とし、有料老人ホームなどの居住系施設への転換が図られる予定です。





おひとりさまの心構えと老後の対策
生活習慣病の予防と疲労ストレスの解消法
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
古歌による人生の羅針盤
男性心理と女性心理を知ってモテよう
結婚できる女性・できない女性の特徴
人相による結婚相手の選び方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
知って楽しいことばのルーツ

Copyright (C)2014. よくわかる介護保険の徹底活用 All rights reserved.