介護保険制度の仕組み・サービス内容・利用額から業者選びのポイントまでをわかりやすく解説していますので徹底活用しよう

Menu ▼
介護保険制度の概要
保険加入者と保険料の運営と負担割合
介護サービスの利用を受けるまでの流れ
要支援状態の人・要介護状態の人との違い
サービスを受ける手続きとサービスの種類
介護予防に取り組もう
質疑応答集
介護保険の用語解説
社会福祉協議会
介護保険制度の概要
保険加入者と保険料の運営と負担割合
介護サービスの利用を受けるまでの流れ
要支援状態の人・要介護状態の人との違い
サービスを受ける手続きとサービスの種類
介護予防に取り組もう
質疑応答集
介護保険の用語解説
社会福祉協議会

要介護状態の人とは


要介護状態とは、身体上・精神上の障害があるため、入浴・排泄・食事等の日常生活の基本的な動作の全部か一部に、3〜6ヶ月間程度、継続して常時介護が必要と見込まれる状態であり、その程度に応じて、国が定める要介護状態区分のいずれかに該当する状態のことです。



つまり、一定期間継続して、常時介護を必要とする人で、要介護状態区分のいずれかに該当すれば、「要介護状態」であると言えます。

要介護状態にあると判定された申請者のうち、要介護状態が1日に32分以上からの人が、それぞれの介護にかかる度合いによって1〜5までの状態区分に別れます。


要介護状態区分と心身の状態例

要介護状態区分 心身の状態例
要支援1 食事や排泄はほとんど自分一人でできるが、掃除など身の回りの世話の一部に何らかの介助が必要、など
要支援2 食事や排泄はほとんど一人でできるが、みだしなみや清掃など身の回りの世話に何らかの介助が必要で、その状態の改善の可能性が高い。など
要介護1 食事や排泄はほとんど一人でできるが、みだしなみや清掃など身の回りの世話に何らかの介助が必要。立ち上がり等に支えが必要。など
要介護2 食事や排泄に何らかの介助が必要なことがあり、身の回りの世話の全般に何らかの介助が必要。立ち上がりや歩行などに支えが必要。など
要介護3 排泄や身の回りの世話、立ち上がり等が自分一人でできない。歩行等が自分でできないことがある。など
要介護4 排泄や身の回りの世話。立ち上がり等がほとんどできない。歩行が自分でできない。問題行動や全般的な理解の低下が見られることがある。など
要介護5 食事や排泄、身の回りの世話。立ち上がりや歩行等がほとんどできない。多くの問題行動や全般的な理解の低下がみられることがある。など





おひとりさまの心構えと老後の対策
生活習慣病の予防と疲労ストレスの解消法
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
古歌による人生の羅針盤
男性心理と女性心理を知ってモテよう
結婚できる女性・できない女性の特徴
人相による結婚相手の選び方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
知って楽しいことばのルーツ

Copyright (C)2014. よくわかる介護保険の徹底活用 All rights reserved.